スキンケアを浸透させる!

「度C美容法」というスキンケアトレンドが2014年にあったそうです。

この「度C美容法」というスキンケアは、洗顔から始まってスキンケアが完了するまでに、温度差を利用した美肌効果を出すものとして効果が高い!とされていますね。

みなさんもよく知っている方法としては、ぬるま湯で洗顔をして最後には冷たい水で洗顔をしてお肌を引き締める方法です。実はこの単純な洗顔方法ですが、「ヒートショックプロテイン」というネーミングがついているそうです。今までは、お風呂での温度差に効果がある!言われていましたので「HSP入浴法」が勧められていましたね。それをスキンケアに応用したのが「度C美容法」という事なのです。

この「HSP入浴法」と言うのは、あなたのの普段の体温より1.5度高いお湯につかることで効果を発揮すると言われていました。体に熱を加えることでヒートショックプロテインが分泌され、これが細胞を修復したり、疲れの原因になる乳酸を出にくい状態にする健康方法と言う事ですね。お風呂に入る方法を工夫するだけで、カラダを回復しやすくする効果があるのです。また市販で売られている入浴剤にも温度を上げる効果があります。カラダを温める効果ですね。お湯の温度をそこまで上げなくてもこうした入浴剤を使うのも一つのテクニックと言えるでしょう。

こういった事をスキンケアに応用する為には、初めに冷たい水で洗顔をしてから加温したほうが、よりヒートショックプロテインを活性化出来ます。保冷剤お使う事も出来ますが、あまり長い時間保冷剤をお肌につけてると冷えすぎてしまうかもしれませんので、冷たい水ぐらいが調度良いでしょう。その間にホットタオルを作って5分間、顔を蒸す様に温めます。それから洗顔を開始するのですが、プレ洗顔からすすぎまでは、ぬるま湯で丁寧に洗います。洗顔の終わりに冷水で引き締めてしまうと、化粧水の浸透が悪くなるので、化粧水を肌にしっかりと馴染ませてから、保冷剤で毛穴も引き締めてください。その後に、美容液やエマルジョンを付けると、肌の中に水分や美容成分を閉じ込めることが出来るのです。

人間のカラダって、ストレスで細胞が傷つきやすくなります。そこで1日の終わりにお風呂に入る事でヒートショックプロテインで細胞を修復したり、弱っている細胞を活性化することが出来るようになっているのです。それに免疫力を高める効果もあるのです。

スキンケアで温熱効果を利用するの同時に、お風呂には湯をはってしっかりとカラダを温めることがとても大切な事と言えるです。お風呂でカラダを温める習慣をつけることで、女性には多い冷え性などの対策にもなります。全身の結構が良くなると顔の結構ももちろん良くなります。このようにカラダを温める!という事がどれだけスキンケアを浸透させるかがわかるかと思います。