乾燥肌と洗顔の関係とは?

乾燥肌を改善させるには、スキンケアで潤すこと・守ることも大切ですが洗顔にも注目をして欲しいところです。特に「度C」美容をしている人はなおさらですね!お肌を温めるためにお湯を使って洗顔をしていると、お肌の美容成分が失われる量も多くなってしまいます。かといって、すすぐ時間を短くすると汚れがなかなか落ちてくれません。こういう場合には、ぬるま湯の温度を下げるのが効果的です。

また、洗顔をする時の摩擦も乾燥肌を悪化させます。ゴシゴシと擦りながら洗顔をすることで、角質層に大きなダメージを与えてしまうのです。乱れた角質層は肌の栄養分や水分を溜めておけない状態と同じ。角質は刺激を受けると防御機能から厚みを増して分厚くなってしまうものなのです。この結果、スキンケアを浸透させにくい状態になってしまうんですね。これは乾燥肌対策を邪魔をしている状態ですし、毛穴やニキビと言ったトラブルも起こるので複雑で改善しにくくなってしまうのです。こういう場合は弾力のある泡でしっかりと洗顔をするようにする必要があります。でもこの時、指先や指の腹を使って洗顔はしてはだめです。泡だけで洗う洗顔にしてください。

自分は脂性肌だと勘違いしている人は乾燥肌が悪化する可能性が非常に高くなります。足りない分の皮脂を分泌しているのに、その皮脂を洗い流そうと必死に洗顔をする人が多いからです。自分のお肌がどんな肌質なのか?をしっかりと診断しておかないと、間違ったスキンケアになってしまい、お肌トラブルを引き起こす原因となってしまうので注意が必要です。

しっかりメークをしている女性には、クレンジングは欠かせません。洗顔石鹸だけではどうしてもメークは落ちませんからね。でもこういう人も乾燥肌対策が必須となってきます。よくダブル洗顔!という言葉を耳にすると思いますが、ある程度の年齢になるとW洗顔は必要ない!と言われているのを知っていましたか?クレンジング自体、洗浄力がかなり高くお肌にダメージを与える上に、洗顔フォームなどをしっかりと洗顔をしてしまう。これは絶対にやってはいけません。洗顔フォームも洗浄力が強いので、こういう時には固形石鹸に変更するのも良いと思います。

乾燥肌の方は、洗いすぎ、すすぎすぎには要注意!そして洗顔後はすぐにスキンケアをしてください。このスキンケアも化粧水・美容液も水分保持力を上げる機能を持ったものを活用して、日中や睡眠時に肌枯れしない様にします。乾燥肌の方は洗顔方法一つでもかなり違いが出てきますので、いろいろと注意をしながら洗顔を行いましょう。